検索

NZ's Superb Red Wines (AKA - The Visionary Goats of Northland)

ソーヴィニヨン・ブランで、一躍世界的に有名になったニュージーランドワインは、昔々、南島北部マールボロ地方の手付かずの土地に、まるで魔法のように原生していたぶどうの果実から、好奇心旺盛な天使たちが果汁を発酵させてボトルに詰め、スクリューキャップで栓をしたことから始まった・・・というのは全くのファンタジー。実際は、天使もいないし、ソーヴィニヨンブランも原生していたわけではありません。ニュージーランドワインの本当の歴史は、1819年に北島北部のノースランドで、様々なブドウの品種が植樹されたことから始まりました。


ニュージーランドワインの歴史の第一幕を少しだけ紐解いてみましょう。


ニュージーランドに初めて辿り着いたブドウの木は、ヨーロッパからやってきました。船旅の間、大切に管理され、船の上ではたっぷりと太陽を浴び、愛情を込めて水を与えられ、長い旅の末、ノースランドの地に根を下ろし、見事な果実を実らせます。やがてその果実は、ついに見事なワインに姿を変える・・・ことなく、なんと、旅を共にしたヤギに食べられてしまったのです。“本当の”初ヴィンテージは幻となりました。


ワイン造りの歴史は、一歩目から茨の道の連続でした。


二世紀ほど遡った頃の話です。


やっとのことで辿り着いたノースランドの地で初めて実ったブドウを食べたヤギは、先見の明がありました。植樹されたの数々の品種には、将来世界に知れ渡ることになる白ブドウだけでなく、(赤ワインに使われる)黒ブドウもありました。さすが長旅を乗り越えてきた強者のヤギ。ニュージーランドの土壌で育つブドウの質の高さを見抜いていたのです。収穫される直前に、ちゃっかり白ブドウも・黒ブドウも味わったのでした。


昨今、セントラル・オタゴ、北カンタベリー、マーティンボロなどのニュージーランド産ピノ・ノワール(ピノ・ノワールは冷涼な気候を好むとされています)が、ソーヴィニヨンブランに続き世界的に有名になりましたが、実は最近は、温暖な気候に適した品種のニュージーランドワインが、世界中の審査員やワイン愛好家をうならせています。


・・・と、言うは易し!具体例をお話ししましょう。


カベルネソーヴィニヨンやメルロー。温暖な気候を好むこの品種のブレンドを味わえば、アオテアロア(マオリ語でニュージーランドという意味。NZ人たちは誇りを込めて自国をこう呼びます。)が世界の大御所ワインと肩を並べるワインを生産していることをお解り頂けると思います。世界で実際どのように評価されているかをご紹介しましょう。


デカンタマガジン ワインレジェンド


世界中のワイン通が購読するワイン雑誌であるDecanter Magazineで「レジェンド」として認められたワインは別格です。このステータスを獲得すると、世界中で人気を博し入手困難必至、高級ワインリストの最上位に名前を連ね、価格は車一台に匹敵することも稀ではありません。レジェンドに名を連ねるのは、(残念ながら私のお財布では)一生に一度味わえるかどうか、というようなワインばかり。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ・リシュブール1959年

シャトー・ラトゥール1961年

シャトー・ディケム1921年

テ・マタ・エステート・コルレーン1998

・・・?

・・・!!


そう!ホークスベイ!

見紛う事勿れ。


ワイン好きなら一度は夢見るボトルたちと肩を並べるのは、ニュージーランド北島中心部に位置するホークスベイのワインなのです。